脱毛期間中の薬の服用はだめなの!? その理由と影響

脱毛 薬の服用

サロンでの脱毛期間中に、薬の服用に注意しなければならないと聞きます。どんな薬? サプリメントも?なぜ、薬はダメと言われているのでしょうか?

脱毛期間中の薬の服用は大丈夫?

一般的に、脱毛サロンのカウンセリングで薬の服用について確認され、病気で薬を服用中の方には脱毛施術を断るケースもあります。脱毛サロンは医療機関では無いので、施術によって肌トラブルが発生しないよう、慎重に対応しているのです。

どの薬でもダメというわけでは無く、薬成分や副作用によって異なります。実際のところ、便秘薬くらいでは、さほど脱毛には影響がないともされています。継続的に薬を服用している人は、薬剤情報書などを持参して、カウンセリングを受けることがおすすめですね

どうしてダメなの??その理由とは

薬の副作用として、サロン脱毛の光照射(レーザー)で肌が過剰に反応する「光線過敏症」の可能性がある薬剤もあります。赤く炎症(ヤケド)になったり、湿疹ができたり、肌トラブルに陥る可能性があるので、脱毛サロンでは施術を避けたいからです。

脱毛サロンでの光脱毛(フラッシュ脱毛)は、温度の高い特殊な光を皮膚にあてて毛根を破壊して脱毛するメカニズムです。薬の成分によっては、肌が熱に敏感になっていることがあり、光や持つに過剰に反応してしまうのです。脱毛処理で、ヤゲドや湿疹など皮膚炎や肌トラブルになったらと困りますよね。

施術NGの薬剤としては、抗不安薬や抗生物質、抗うつ薬、経口抗真菌薬、血圧の薬や風邪薬、花粉症の薬なども含まれています。内服薬だけでなく、予防注射なども含まれますので注意が必要です。低用量ピルは可としているサロンもありますが、ホルモン剤も脱毛効果が実感できないとも言われています。

施術後何日あければ薬を服用して平気?

施術後に関してはサロンによって差があり、施術後当日でも服用可能としているところもありますが、薬によって異なります。予防接種の場合は、施術後1週間ほど開けなければならないようです。

医師や薬剤師などに「光線過敏症」の副作用について事前に確認しておくと良いでしょう

忘れて薬を飲んでしまったらどうすればいいの?

施術前6時間の服用NGのサロンもあれば、服用後24時間、2日前からダメというサロンもあります。多くは、施術日の前夜や当日は避けるように指導しています。

予約日に薬を飲んでしまった場合などは、まずは正直にサロンに申告して相談してください。薬によっては問題ない場合もありますが、日程変更するのが一般的です。施術を受けてしまって肌トラブルとなった場合は、すぐに皮膚科を受診してください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る