後悔する前にこれだけは読んでおきたい!自己処理失敗談

自己処理 失敗談

頻繁にしなければならないムダ毛の処理、本当に面倒ですよね。自己処理や自己脱毛で、肌トラブルを引き起こすことも少なくありません。失敗してから後悔することも、悲しいけど本当に多々ありますね。みんなの失敗談を聞いてみましょう。

カミソリでの自己処理失敗談

自己脱毛には手っ取り早くカミソリを使う人も、少なくありませんよね。旅先でワキの処理をしてなかったことに気づいて、ホテルのアメニティのT字カミソリを使ったら、失敗して血まみれ状態。

毛深く剛毛なので、思春期から毎日カミソリ処理していて、1日でも忘れるとチクチクしてしまうとか。カミソリの刃は刺激が強く、肌荒れも繰り返しますし、アフターケアがずさんだと乾燥して、粉がふいたようになったケースもあります。

カミソリでの自己処理では、太くて固いムダ毛の場合は根元の毛根部分が目立ち、黒いポツポツができてしまいます。肌のケアを怠ってしまうと色素沈着して黒ずんでしまうことも少なくありません。

除毛クリームでの自己処理失敗談

除毛クリームは、カミソリ処理とは違い薬剤で溶かすため、剃るよりはマシなんて意見を良く聞きますが、除毛クリームを使ったら、薬剤の刺激が強くてかゆみがたまらなかったり。敏感になっている肌には、ジワジワと痒みがでますし、炎症を起こしてカブレたようになり、真っ赤に腫れてしまい皮膚科にかけこんだという女性もいるようですよ。

生理でデリケートな時期、日焼けの後やカミソリ負けで細かい傷があったりすると、激痛になったりもします。説明書や注意事項はしっかり確認しておきましょう。

毛抜きでの自己処理失敗談

毛抜きで毛を抜くのは痛みますし、肌や毛穴にも大きな負担となります。毛穴が赤くブヅブツになりがちですし、毛穴が開くので目立ってしまいますし、血がにじんだりすることもあります。鳥肌のように毛穴が凸凹したり、肌を刺激してしまうためか同じ毛穴から2本も生えてくることがあったりもします。

1本ずつ抜いても新しい毛が次々と生まれてきて、埋没毛になったりもしがちです。埋没毛になってしまうと皮膚の下で渦をまいたように毛生えてきてしまい、とてもムズムズとかゆいですし、皮膚から処理できる長さまで抜けないのも困ってしまいます。

こうなる前に脱毛サロンへ

自己処理に失敗すると、処理後の肌は炎症・乾燥・色素沈着・たるみなど、さまざまな肌トラブルに陥りがちです。ワキが黒くなったりしてしまうと、ムダ毛が無くても恥ずかしいですよね。

やっぱり、しっかりと脱毛するなら脱毛サロンでプロに脱毛してもらうのが一番かもしれません。経験豊富で優良なサロンを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る