ちょっと心配…..ニキビ肌でも顔脱毛ってできるの?

顔脱毛 ニキビ

顔にニキビがひどいので、カミソリで自己処理ができません。サロンで顔脱毛をしたら、カミソリで傷をつけなくても良いですよね。でも、ニキビがある状態で脱毛ってできるのでしょうか?ニキビ跡がたくさんあるんだけど、大丈夫なのかな?

ニキビやニキビ跡があっても顔脱毛は大丈夫?

肌が荒れているときはサロンで脱毛できませんが、ニキビができているときは、ソコだけ避けて脱毛ケアすることになります。たまたま、ポツリとできてしまったような時は、諦めずに当日相談してみると良いでしょう。ただし、広範囲にニキビが及んでいるような場合は、ダメなこともあるようです。

サロンでの光脱毛は黒い色に反応するので、ニキビ跡が薄い色ならほとんど問題ありませんが、広範囲で濃い色になっていたり、凸凹がひどい場合などは断られるケースもあります。できればニキビが改善してから脱毛する方が良いのかもしれません。ニキビの状態によっても異なりますので、頻繁に肌荒れする人は、契約前にカウンセリングでしっかり相談してくださいね。

ニキビがある状態で顔脱毛するとシミができる?

ニキビがある状態は肌が荒れているので、基本的に肌に負担になる脱毛はしないものです。肌状態の悪いときに、無理して脱毛したりすると炎症をおこしてしまい、色素沈着してシミになるケースはあり得ます。>ニキビなどで肌荒れしているときに、脱毛施術して肌を傷めてしまい、さらに紫外線で日焼けしたりすると、一気に肌ダメージとなってシミだらけになるというのは、十分にあるバターンですね。

光脱毛の後は、肌が乾燥しやすいので十分な保湿をしてください。赤みやブツブツなどの炎症化した場合やかゆみ発生したときは、濡れたタオルなどでまずは冷やして、肌ケアしてみてください。刺激になるようなことは避け、強くかいたりしてはシミになりやすいので注意してください。脱毛前の肌とともに、脱毛後の保湿ケアや手入れは非常に大切なのです。

顔脱毛することでニキビができにくくなる

ニキビがひどい状態のときはサロン脱毛できませんが、状態の良いときに脱毛しておくと、ニキビになりにくいのは事実です。脱毛処理により毛穴が締まり、皮脂が貯まりにくくなるため、皮脂をエサとして繁殖するアクネ菌も減り、ニキビになりにくくなるのです。皮脂や汚れも毛穴に詰まらなくなるので、肌を衛生的に保てますし、ニキビもできにくくなるという仕組みですね。

ニキビやニキビ跡が多い人、ひどい人は、まずは肌状態を改善することが大切です。ニキビ肌の状態を改善しつつ、脱毛をすすめてニキビになりにくい肌を手に入れたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る