最近よく耳にするハイジニーナっていったい何? 脱毛の割合と効果

ハイジニーナ 効果

ハイジニーナ脱毛って、話題になってますよね。女子の常識とまで言われてるけど、本当なんでしょうか?痛いのも、恥ずかしいのもイヤなんですけど、実際どうなの? ハイジニーナ脱毛について、考えてみましょう。

ハイジニーナって何? どうやって脱毛するの?

最近話題のハイジニーナ脱毛は、日本だとまだまだ聞き慣れない言葉ですがデリケートゾーンのムダ毛処理、VIO脱毛のことです。ハイジニーナとは「hygiene=衛生」という意味で、衛生的に保つべき場所という意味合いから名付けられています。他の部位とは異なり、皮膚も薄く柔らかい非常にデリケートなので、カミソリなどで自己処理では、傷をつけたりカブレたりするトラブルになりやすい場所です。

脱毛サロンでは、ガウンと紙ショーツを着用し、脱毛する部分だけショーツをずらすようなスタイルで、少しずつ施術していきます。最初は恥ずかしいですが、スタッフはプロなのですぐに慣れます。

どのくらいの割合で脱毛してる女性がいるの?

デリケートゾーンの脱毛処理をしている人は、女性の6割以上です。水着の季節にはVラインの処理は当然のエチケットですから、脱毛サロンに通っていなくても、必要にかられて自己処理をしている人は多いでしょう。ハイレグ水着でなくても、Vラインからはみ出ているのは、女子としてダメですよね。

海外ではアンダーヘアーの手入れは女性の常識で、露出度の高いカーニバルの衣装のイメージからブラジリアンスタイルとも呼ばれています。日本では、完全にツルツルだと温泉などでは逆に注目されるので、Vラインの毛を少し残した形で、不自然でないように脱毛する人がほとんどです。

ハイジニーナ脱毛をするとどんな効果が??

ハイジニーナ脱毛には、名前の通り衛生的で、清潔に保ちやすいというメリットもあります。ムダ毛が無くなるのでムレにくくなりますし、雑菌が繁殖するのを防ぐため、臭いやかゆみも無くなります。

サロン脱毛は一回施術を受けたら、終わりではありません。ムダ毛が抜けたり、又生えてきたりを繰り返すので、生えかけの毛がチクチクすることが多々あります。そのチクチクが気になって止めてしまう人も多いのですが、気になるのは最初だけですぐ慣れます。

口コミで痛いって見たけど実際は?

デリケートな部分なので、ワキ脱毛などと比較するとやはり痛みは強くなります。個人差もありますが、VラインやOラインは大丈夫でも、Iラインは痛いという人も少なくありません。やはり皮膚が薄い部分ですから、他部位よりもある程度の痛みはあっても仕方ないと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る