海やプールで恥ずかしい思いをしたくない! お腹やおへそ周りの脱毛しよう

おへそ おなか 脱毛

お腹あたりのムダ毛、普段は見えない部分ですが、水着になると気になりますよね。お腹やおへそ周りの脱毛って、どうしてますか?胸とか、腹部の産毛もサロンで脱毛して貰えるのでしょうか?

お腹の脱毛ってどうやってやるの?

お腹って気をぬいていますけど、実は意外に見られる機会の多い部位ですよね。産毛程度なら良いのですが、たまにヒョロッと伸びたりしてる人は少なくありません。女子にも、おへそ周りとかギャランドゥ的に生えている人も居たりします。カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりと、自己処理していると、肌がザラザラしてきたり、チクチクしたりすると、女子として残念ですよね。広範囲の腹部脱毛には、除毛クリームを使うという人もいます。

サロンでのお腹脱毛も、他の部位と同じように光照射する脱毛方法です。ガウンと紙ショーツを着用して、あおむけに横たわってお腹脱毛の施術を受けることになります。

おへそ周りもお腹脱毛に含まれる?

お腹とおへそ周りは、同じ部位になるのでょうか? サロンによって、お腹部位におへその脱毛も含まれるケースと、含まれないケースがありますので、事前確認が必要です。

お腹範囲は、胸の下あたりから、へその下あたりまでの広範囲を指すのが普通です。全般に広い範囲をケアしたい場合と、おへそ周りや、おへそ下だけの太めの毛だけ処理したい場合がありますよね。必要な費用が違ってきますので、自分のお腹のムダ毛状態に合わせて検討すると良いですね。

何回くらいで効果があらわれる?

腹毛には、産毛だけという人と、濃いムダ毛が結構ある人と、実は個人差が大きな場所です。太い濃い毛の場合は、5〜6回では少し減ってきたかなという程度で、実感が感じられはじめるレベルです。12回くらい照射すれば、腹毛が濃い目の人でも毛穴が気にならない、恥ずかしくないお腹になれます。医療レーザー脱毛では6回くらい、光脱毛では12回くらいと言われています。

産毛も脱毛してもらえる??

産毛の脱毛も可能ですが。サロン脱毛での光脱毛は濃い色に反応する脱毛法なので、薄いキラキラした産毛では効果が薄いのです。肌の色よりも、産毛の方が薄くなると、レーザーが反応しないので照射しても、毛根細胞にダメージを与えられないのですね。産毛の方が脱毛効果が実感できるまでに回数が必要なケースが多いようです。

産毛のような薄い毛の場合は、まれにですが硬毛化してしまう場合もあります。毛根細胞にダメージよりも、刺激で育毛を促進する結果になるためとされています。硬毛化した場合は、そのまま脱毛施術を続けて回数をこなしていけば、他の濃い毛と同じように脱毛されていきますので大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る